セフレ募集している女性の現状

セフレ募集している女性たちが、セフレ募集している男性の数を上回る勢いで増えてきているのを皆さんはご存知でしょうか?近年では、男性の精力減退が注目されており

このセフレ募集掲示板でも最近では、セフレ募集している女性の割合が増えてきています。

皆さんになじみのある言葉で少子高齢化という言葉がありますが、この少子高齢化の背景にもこのような実情があるのです。という事で、今回はセフレ募集している女性の現状について一人の女性の意見を参考に紹介したいと思います。

セフレ募集している男性が減っている?

セフレ募集している女性の現状

出会い系サイトでセフレ募集する事約6年。出会い系サイトで男性を狩るという行為に関してはプロと呼べるほどのある女性がいます。彼女は大手電力会社に勤務する事務員のMさん29歳。「出会い系サイトに人気があって、無料で利用できるけど迷惑メールがたくさん来る事なんてざらにあった時代から出会い系サイトにはお世話になっています。」と話していた。

彼女は20歳の大学生時代から、卒業後に電力会社に就職して現在に至るまで彼氏がいない時は出会い系サイトを利用しているという。

「今時の出会い系サイトは、女性もお金がかかるサイトも増えてきているし、エッチな動画に女性用の物があるように男性と平等に扱われて・・・女性も性行為を求めるのが大変なんです」と語る。

そんな彼女が今まで抱かれてきた?男性の数は数えきれないくらい。毎回毎回とっかえひっかえを繰り返しているという。「一度会った男とまた会ってエッチしたりすると、情が湧くし面倒だから一夜限りしか体験しないんです。それに、後腐れ無い形で終わらせないと男の人によってはストーカーになったりもするし、ホテル代を最初は出してくれてたけど、後半は出してくれないとか男はすぐに調子に乗るから1回が丁度いいんです。」

以前彼女が出会い系サイトでセフレ募集した際に捕まえた男性は、セックスした後に「好きになってしまったもっと会いたい。ほかの男性に渡したくない」と言ってきたので、丁重に断った所、自宅付近を徘徊されたり、ポストに手紙を入れられたりして苦労したという。さらには職場を突き止めて付近を徘徊したりするなどの行為まで行われていたという。

「もうあの時は知り合いのコワモテの友達にお願いして追い払ってもらいました。ああいうタイプは早く処理しとかないと後からしつこいしエスカレートしたら何をするかわからないからですね。」

まるでひと昔前のホストが女性に対して言っていたようなセリフを女性が言っていた。今と昔とではここまで時代が違うのか?そう考えさせられる事実である。そのうち時代は男女逆転するかもしれない。今は、女性に対して”セフレ募集””ヤリ捨て”などの行為・言葉を使っているが、未来は逆になるとでもいうのだろうか・・・