セフレ掲示板での中出し事情

セフレ掲示板でセフレを作り中出しをしたい。
そんなふうに思っている男性も少なくないでしょう。
セフレ掲示板で中出しを求めるのかというと、彼女相手には出来ない行為だからです。

いくら好きな相手でも避妊をしなければ子供が出来た時に責任をとる必要があるため大変です。
一方でセフレが相手であれば中出しをしても、責任を持つ必要がないと考えているからです。
セフレなら不特定多数の相手とセックスをしているんだから、仮に妊娠しても誰の子供か特定できないだろう。
そもそもセフレとは短期間の付き合いでお互いの個人情報は知らないから逃げ切れる。

そんなふうに自分に都合よく考えている男性が多いのです。
中出しをするという行為は妊娠のリスク以外にも性病の感染のリスクも高まります。
ではなぜそんなリスクを犯してでも、中出しをしたいと男性は思うのでしょうか?

まず先ほども言いましたが恋人には出来ない行為で、滅多に中出し出来る機会がありません。
そのため中出しに対して強い願望がある男性が多いと言えます。
強い願望はAVによって作られたと言えるのかもしれません。

AVでは中出しのプレイが多いため、セックスの最終地点は中出しという考えが根付いてしまっています。
加えて中出しは自分の子孫を残したいという動物としての本能が働くため衝動的にしたいと思ってしまいます。
セックスの最中は特に理性が働きにくい状況なので、その後の事なんて考えずに中出しをしてしまう男性もいるでしょう。

男性の本能を加えるのであれば、中出しは征服欲が満たされる行為です。
女性に対して自分の精子でマーキングするためSっ気のある男性が特に好む行為だと言えます。
また単純にコンドームを使用するよりも生の方が刺激に対して敏感になります。
強い締め付けを感じられて気持ちがいいから中出しをしたいというのも理由の1つです。

セフレ掲示板を利用している女性の方が一般女性よりも、セックスに対して奔放で積極的です。
そのためピルを服用している女性の割合も高いと言えます。

ピルを服用していればコンドームを使用しなくても、妊娠する心配がありません。
なのでセフレだから責任を問わなくてもいいと、中出しをしてやり逃げするのではなく最初からピルを服用している女性をセフレに選ぶ方が中出し出来る可能性は高くなります。

それにピルを服用している女性の方が危機管理がキチンとしている女性だと言えます。
そのためコンドームを使用しなくても性病に感染するリスクを抑える事が出来るという利点もあります。