友達よりセフレを募集する方が楽だって知ってた?

知らなかったことを知ることは楽しいし嬉しい。人間として成長した感じがして嬉しいよね。
友達よりもセフレを募集する方が楽で、しかも出来やすい。これが最近知ったこと。超意外。でも、自分が自分で両方ともやってみてわかったことだから。

最初は下心ありで友達を探してたのね。つまりさ、出会い系サイトを使って、あと、掲示板とかも使って、「友達になってくれる人探してまーす!」とか書き込むわけ。気になる女の子がいたらさ、「お友達になりませんかー?」とか言ってみるわけ。でも心の中では、「可愛いくてエッチな子だったらいいなームフフ」とか思ってるのね。
表向きは友達を探してるんだけど、心の中ではエッチできる女の子を、そこまでは無理でもエロ写真とか動画とか送ってくれる女の子を探してるみたいな。

全然うまくいかなくてさ。超フレンドリーに友達探してるのに、ぜんぜん反応なくて、だったらもういいや、本性丸出しでいってやれー!と思って開き直ったのね。

「セフレ募集してまーす!」みたいなことを掲示板とかに書くわけ。出会い系サイトのプロフ欄にも堂々とそれを書くわけ。隠さないんだよね、もう。
そうするとね、じゃんじゃんはさすがにこないんだけど、爽やかなふりして友達を探してた時よりも反応がいいんだよね。いきなり、「私もセフレ募集してまーす、どうですかー?」みたいなのはさすがにほとんどないんだけど、「写真とか交換できます?」、「直アドでやり取りしたいんですけど」、「住んでるとこ教えてもらってもいいですか?」とかさ、なんかそういう反応は返ってくるわけ。

おいおいおいって思ったよね。だって、友達探すよりもセフレを募集する方が圧倒的に反応がよくて、なんか何人も連絡先教えてくれるんだから。
多分ほとんどの男の人が、これって逆だと思ってるんじゃない?自分ももちろん逆だと思ってた。友達探す方がよっぽど楽で、確率高くて、その友達とエッチする方向に持って行く方が断然楽だと思ってた。でも逆だった。

もう結論言っちゃうけど、写真交換したり直アドでやり取りしたりお互いの情報を教えあったりして、最後にはエッチすることができちゃった。全員とは無理なんだよ、さすがに。そんなに世の中甘くないから。
でも、友達探すふりしてエッチの相手探しても全然だったのに、セフレを掲示場で募集したらそれ以上の収穫があったってだけで、世の中ちょろいなーって思ったのは間違いないよね。そりゃ思うって、本性さらけ出して、それに反応してくれる女の子がいたんだから。