女友達のせいで性欲が復活した人妻がセフレ掲示板を使っていた話

「女の体のことは女が1番分かっている」…こんな言葉がありますが、間違いではありません。

たとえばエロ漫画でも男性が描くか女性が描くかで内容にも差があり、女性作家のほうが体や下着が繊細かつリアルに描かれているため、より興奮しやすいでしょう。

また、『女性同士のエッチ』についても、実は想像以上に気持ちいいらしいです。

さすがに挿入はできないものの、指や口だけで何度もいってしまうらしく、気持ちいいところを的確に刺激するという意味では、やはり同性のほうが強いのですね。

「でも、実際は女同士でやることなんて、まずないだろ…」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

たとえば、私がセフレ掲示板で知り合った加里奈さんという人妻は普通に男性を探していたのですが、実はその前に『女友達にいかされてしまった』という経験があったらしく、それもセフレ探しのきっかけになったのだとか…。

実は加里奈さん女友達にされてしまうまでは「もう性欲とかないし、夫も求めてこないし、セックスしなくていいよね」と考えていました。

そんな中、久々に女友達が遊びに来るということで、自宅に迎えて二人っきりで女子トークを満喫していたのです。

女同士ということもあり、徐々にエッチな話題も出てくるようになりまして、夫としていないと話したら「もうしてないの?まだキレイなのにもったいないね」と女友達が言ったのです。

単なるお世辞だと思い、加里奈さんは笑い飛ばしたのですが…。

すると「ねえ、もう夫としないなら、私としない?」といきなりキスをしてきて、加里奈さんは抵抗する間もなく脱がされてしまいました。

実はこの女友達、昔から加里奈さんに好意があったらしく、本当はそういう関係になりたかったのだとか…。

それを聞いた加里奈さんは拒否しようとしたものの、夫ではあり得ないような『的確すぎる刺激』に負けて、何度も達してしまいました。

ただ、自分がレズビアンであるとは認めたくないため、女友達によって復活させられた性欲を、セフレ掲示板で解消しようとしたのです…。

夫相手に解消すればいいと思いますが、すでにレスであるように、夫は勃起させるのも苦労するようです。

そのため、加里奈さんはセフレ掲示板でセックスをし、「よかった、私はちゃんとノーマルなんだ…」と再確認できたのですね。

なかなか面白い背景がありますが、加里奈さんとのセックスはわりと普通でして、何度も求めてくること以外は本当に普通の女性だと思います。

もしもあのままレズに目覚めていたら、どうなっていたのでしょうか…。