セフレ募集している女性に直撃した話

セフレ募集している女性がいた。彼女は21歳の女性で毎週毎週男性を捕まえてはとっかえひっかえを繰り返しているという。今回はそんな彼女に聞いたセックスストーリーを紹介したい。

最初は町でナンパ待ちをしていました。

セフレを探すといっても、当サイトで紹介している出会い系サイト以外にもたくさんの方法がある。彼女は若いころに出会い系サイトを利用する方法が分からず、ガラケー(ガラパゴス携帯)であったため、田舎住まいの彼女は街に繰り出してはナンパ待ちをしていたという。当時の出会い系状況としては通信料も高いので、なかなか普及しない・・・そんな時代だった。街でセフレをゲットした方が早い。そんな時代である。

そんな時代での彼女の体験を尋ねてみた。

「終電過ぎて直後の駅のホームや、クラブが開店している時間帯に階段に座り込んだり、一通りが多い場所にある喫煙所は結構ナンパ待ちが出来るスポットでしたね。テレクラとかにも電話した事があるけど、おじさんが多くて・・・ナンパ待ちが一番手っ取り早かったんです。好みの男の人が捕まったらすぐにコッチからホテルに行こうって言えば百発百中ホテルにイケました。」と話す。

セフレ募集している女性に直撃した話

今と違ってデジタル化が進んでおらず、治安の悪化がまだ少ない状況だったからこそ出来る事だろう。そんな彼女が現在では出会い系サイトで男を漁っている。その理由についても尋ねてみた。

「出会い系サイトを昔使ったら、通信料が高くてもう大変だったんですけど、今は使い放題があるじゃないですか?それに、わざわざ人がいるお店に出向いてもお金がかかるし、不景気になってから思うけど、昔は街に出て相手を探した方がいい時代だったけど、今は街に出るより、出会い系で捕まえた方が早い時代なんですよね。スマホがあるから気軽に使えるし。」

確かに世の中のデジタル化が進むにつれて出会い系業界は大賑わいになっている気がする。昔なら、全然出会えなかった出会い系サイトも今では大手になって人気を集めていたりするものだ。

出会い系サイトがデジタル化に伴って進化する時代で生き、セフレ募集をしてきた彼女から聞く意見だからなのか・・・説得力を感じさせられた。