セフレ募集掲示板で出会った大手企業の事務員美女

セフレ募集掲示板で出会った女性がいました。彼女は27歳のめちゃめちゃ美人な女性。名前は出せませんが大手の事務員に勤めています。(ヒントは車の最大手の会社T)

まるでゲームで作ったかのような顔をしている彼女。彼女はよく歓楽街のキャッチに誘われるらしい。そんな彼女がなぜセフレ募集しているのか?僕は謎で仕方なかった。しかし、彼女は結構楽しく会話も出来るし、気も合うので会って飲みに行こうという話になった。

飲みに行くとすれ違いざまにたくさんの男が彼女を2度見していた。やっぱりいい女を連れて歩くのは心地がいい。優越感に浸りながら安価な居酒屋へ入る僕。

よくいく居酒屋なんだが、今日の店員は妙に丁寧だ。店員すらメロメロにしてしまう彼女は万能だ。一家に一台欲しい。間違いなくそうおもう逸品である。

そんな彼女と飲んで話をしていたら、なんだか気分もよくなってきて次第に僕の下ネタスイッチがONになりかけていた。しかし、今日は彼女を口説いて持ち帰るという大義のある目標がある。だから抑えめにしなければならない。

そう思ったのもつかの間、僕は我慢ならず、思いの丈を清水の舞台から飛び降りるつもりでぶつけた。

それが以外にも功を奏す事になり、彼女は下ネタトークにもノリノリ。「ウケる~」という彼女の反応が若々しいがそれもそれで顔が可愛いならアリだ。いや、もう顔が可愛い子は何でもありだろう。男性なら誰でも分かるはず。

そこで、店を出てすぐに僕は彼女に伝えた「今日ヤリたい。あ、間違った。今日君と一緒にいたい。一緒にあさを迎えて濃いめのコーヒーを飲もう」と。

すると、彼女の返事はこう「ごめん、コーヒー苦手なんだ。」と。

僕は返した「ミルクつけてもだめ?笑」

彼女は返す「サンドイッチ付きなら考えてもいい。」と、

僕はサンドイッチ付きの朝食を約束して彼女を持ち帰った。