トラウマ克服のためにペニスの増大とセフレ掲示板の利用に励んだ私

私の初体験の思い出はとても苦く、相手は会社の先輩で、憧れの人だったのですが…その人が結構ビッチだったらしく、飲み会の際に「今度デートしませんか?」と勇気を出して誘ってみたら、「今度じゃなくて、今日しよう!」なんて言われたのです。

なお、飲み会のあとのデートといえば、なにをするかは決まっていますよね?私は「先輩、結構ビッチだったのか…」という落胆もありましたが、憧れの人で童貞を捨てられる…そう思ったら、すごく興奮しました。

かなり酔っていた先輩ですが、とても手際はよく、私の服もスルスルと脱がしてくれたのですが…勃起した私のペニスを見た先輩は「やだ、可愛すぎ!」とサイズの小ささを指摘し、私はコンプレックスを刺激されて泣きそうでした…。

そう、私は昔からペニスが小さく、平均よりもやや小さいという悲しみを背負っていました。それでも先輩はやめようとはせず、口や手で丁寧に刺激してくれて、ついに挿入もできたのですが…「え?今入ってる?」という一言で、私は中折れしたのです…。

翌朝、酔いの覚めた先輩は私に謝ってきて、「大丈夫、何度もしてたらちょっと大きくなるし…」と言ってくれたのですが…この日から先輩と話すことはほぼなくなり、それからの展開はとくにありませんでした。

憧れの人との苦い思い出は、私に新しいトラウマを植え付けたのですが…それでも「中折れはしたけど挿入はできたし、もう非童貞だから、これから頑張ろう!」と奮起したのです。そう思えるようになったきっかけは、『新しい恋』ですね。

その相手は社外の人で、偶然話す機会があったのですが…すごく素敵な人で、一目惚れしました。で、私は付き合う前から「この人のために、男らしくなろう!」と考えて、『ペニスの増大』と『セフレ掲示板を使っての練習』に励んだのです。

ペニスの増大については、サプリメント使用や陰毛の処理をしていました。ペニスを大きくしてくれるサプリは普通に売ってますし、陰毛の処理をすれば普通よりも長く見えるため、ローリスクのわりには効果もあったのです。

セフレ掲示板の利用については、『気を遣わなくていい相手に練習する』という目的のためですね。本当なら、好きな人とだけしたいのですが…ぶっつけ本番でまた笑われたら、やっぱりつらいので…。

ちなみにペニスの増大ですが、ちょっとだけ変わりました。サイズ的には1cmほどしか変わっていないものの、陰毛を処理したおかげか、むしろ平均よりも大きく見えます。

実際に、セフレ掲示板で練習させてくれた相手には小さいと言われないので、今ならいける…かもしれません。