ピストン運動の種類を使い分けよう

セックスでピストン運動というとガンガンと腰を突く行為だと思っていませんか?
ピストン運動が1種類しか出来ない人は女性を満足させる事は出来ません。
状況や女性の反応に応じてピストン運動の種類を使い分ける必要があります。

では女性を満足させるためにピストン運動の種類とその特徴について紹介していきます。
まず少なくともピストン運動は基本の3種類はマスターしておきましょう。

「斜行運動」は言葉を見るとある程度推測する事が出来ると思いますがピストン運動で男性器を右斜めや左斜めにつきます。
斜めにつくところがポイントで斜めから挿入する事でいつもと挿入角度が異なり女性の気持ちがいいところに当たりやすくなります。
ちょっと斜めにするだけで反応が全然変わってくるので相手の女性の反応を見ながら反応がいいところを重点的に攻めるといいでしょう。

「回転運動」は男性器で大きく円を描くようにピストン運動を行います。
前後のピストン運動とは全く違う刺激を与える事が出来る上に回転なので膣の全体を擦る事が可能です。女性のGスポットは個人によって場所が少しづつ異なるために場所を見つけるのが難しい。
そんなふうに思っている男性は回転運動を行えば自然と相手の感じるスポットを見つける事が出来るでしょう。正常位だと腰を自由に動かしやすいので回転運動がしやすい体位だと言えます。

男性の多くはピストン運動とは激しくガンガンと腰を動かせば女性を満足させる事が出来ると勘違いしています。確かにお手本としているAVがガンガンと腰を動かすケースが多いので男性が勘違いしてしまうのも仕方がない状況です。
ですが女性としてはガンガンと腰を動かされると痛いだけで実は気持ちよくなれていないという人も多いのです。

それよりもむしろゆっくり動かす方が感じやすいと言えます。
「圧迫運動」の場合は女性の恥骨に男性の恥骨をピッタリと押し当てるイメージで密着度を高めて下さい。
そして密着した状態でゆっくり動かす事で膣だけではなく一緒にクリトリスまで刺激する事が出来るので中からと外からの同時で気持ちよくなる事が出来ます。

ピストン運動では挿入してピストン運動で動かす事に重点が置かれがちですよね。
しかしながら女性にとっては挿入する時の圧迫感よりもむしろ男性器を引き抜く時の方が感じる人もいます。そういう相手に対しては突く行為よりもむしろ引き抜く行為を重点的に行いましょう。

セックスとはどのやり方が正しいと断言する事は出来ません。
大切な事はあなたと相手が一緒に気持ちよくなれる方法を見つける事です。
そのためには複数のピストン運動の種類を使い分けれるようになりましょう。