抜かずのもう1回ってあり?

男性同士の猥談になると「抜かずに3回した」などと自慢する人がいますよね。
しかしながらこの抜かずに〇回するという行為はありなのでしょうか?

結論から先にいえば抜かずのもう1回という行為はなしだと言えます。
なぜかと説明するまでもありませんがそもそも挿入して抜かずにもう1回するという行為はコンドームを使用せずに生でなければ出来ない行為です。

コンドームをつけた状態で挿入すると1回射精すればゴムの中に精液が溜まってしまいゴムを変えずに2回目を行う事が出来ません。仮にコンドームを変えずに強引にそのまま2回目に突入したとすれば、中でゴムが外れてしまい膣の中に精液が零れてしまいます。
一度コンドームで受け止められた精液がゴムから零れて膣の中に精液が入る行為がどれぐらいの確率で妊娠するのか分かりません。

ですが妊娠のリスクが高まりますし途中で外れたら膣の中にコンドームが残ってしまう可能性もあります。膣の中に残ったコンドームは時間が経過すればその後自然と出てくる事もありますが自力で取り出す事が出来ずに病院へ行かなければいけないケースもあります。
つまりリスクを考えたら抜かずのもう1回をさせてくれる女性はいないと考えた方がいいでしょう。

そもそも男性の立場になって考えてみると抜かずのもう1回とは気持ちがいいのでしょうか?
まず抜かずのもう1回をするためにはかなり性欲が旺盛である必要があります。
男性同士の猥談でも「抜かずに3回した」なんて武勇伝として語られています。

大抵はセックスを覚えたてで性欲のピークの10代後半から20代前半にしたセックスで可能だとしても、20代も後半になると抜かずにすぐに回復するのは難しくなってきます。
気持ちよさで言えばやはりコンドームを使用せずに生でセックスが出来ている状況で射精してもすぐに回復出来る訳ですから当然気持ちがいいと言えます。
さらに何回か続けて出す事で膣の中は自分の精液でいっぱいになります。

そんな状況で男性器を抜いた後に女性の膣からダラダラと精液が零れる様子を見て征服欲が満たされる男性も少なくないでしょう。
つまり男性としては満足度が大きい事は間違いありません。
対して女性はどうかというとセックスが盛り上がっている時や1回目の男性の射精で女性は一緒にイケてない状態であれば抜かずにもう1回されると気持ちがいいかもしれません。

ですがやはり体力は消耗しますし出された後処理も大変です。
それに相手がセフレでコンドームを使用しないという状況はリスク管理が低すぎるので男性から誘われても女性は断るべきです。