掲示板で遊ぶのも彼女とセックスするのも違った良さがあります

『掲示板を使ってセックスをすれば、彼女を作る必要なんてない』…こうした意見はわりと多いですよね。男が女性と付き合いたがるのはセックスしたいという下心も関係しており、単純にセックスをするだけならセフレを探すほうが効率的なのも事実です。

ただ、彼女がいてセフレとも遊んでいる立場からすると、『恋人とするセックスは違った良さがある』と感じています。もちろんセフレともセックスはちょくちょくしているのですが、彼女とするときとはいろいろと違い、どちらも捨てがたいというのが本音です。

最大の違いは、『セックスに愛情があるかどうか』ですね。愛情なんていうのは非常に曖昧なもので、なにをもって愛情と言えるかは議論されがちです。とはいえ、セックスにおいては『性の対象としてだけでなく、異性として慈しむことができるかどうか』といった、意外と大事な要素になっているでしょう。

セックスは愛情を確かめる行為だとされていますが、それだとセフレという関係は成り立ちません。セフレ関係に愛情が芽生えると遅かれ早かれ破綻するのは間違いありませんので、お互いが割り切って性欲を解消するのが好ましいのです。

「愛情で快楽は左右されないでしょ?」と言うかもしれませんが、そんなことはありません。本当に愛している女性とのセックスはとても満たされるものであり、心が満ちていると『本当の意味で満足できるセックス』ができますから、一度はそういう恋愛をしてみるといいでしょう。

そもそも私が掲示板を使い始めたきっかけは、『彼女と長いこと会えない期間があったから』ですね。これはケンカしたとかではなく、彼女の仕事の都合でそうなっただけであり、その寂しさに耐えかねてセフレを探してしまいました。

掲示板を使えば簡単に相手を見つけることができて、セックスもサクッと済ませられたのですが…事後は後腐れなく別れられて、お互い余計な気を遣うこともないのはいいですが、どうもスッキリしきれないのですね。

その点で言うと、彼女とのセックスは魅力的です。お互いを気遣うことで感じさせようと努力し、その結果として心地いい快楽につながりますから、事後も満たされた気分になれます。その分時間がかかるし、彼女と会えないと寂しくなるので、セフレも捨てがたいのです。

このように、彼女とセフレには違った魅力がありますので、まずはどちらともセックスを経験しておき、より男としての幸せを噛みしめてみましょう。