港区おじさんみたいな人に出会いたい

あなたは「港区おじさん」という言葉を知っていますか?
「港区おじさん」とは、あるWEBの連載記事の企画の中で生まれた言葉です。

「港区おじさん」は女性にとびっきり美味しいと評判のお店で食事をごちそうしてくれてプレゼントも買ってくれる優しく紳士的なおじさんの事です。
少しバブルの香りがするようなリッチなおじさんですがもちろん港区おじさんとは実在する訳ではなく想像上の人物です。

しかしながら「港区おじさん」のような男性を求めている女性は少なくないでしょう。
特に若い世代だとバブル崩壊後に生まれているのでバブルの恩恵を受けた経験がありません。
同世代の男性は低年収な男性が多く恋人とのデートであっても割り勘という堅実っぷりを発揮します。

昔は女性が結婚後も社会に出て働きたいと思っても夫である男性が専業主婦を望み家庭を守って欲しいと束縛していました。ですが現在は男性の多くが結婚後は一人では家庭を支える事が厳しいので妻にも働いて欲しいと共働きを望んでいます。
共働きを望むのであれば家事や育児は折半にならなければ女性がしんどいだけです。

ですが家事や育児は女性がするものという意識はまだまだ男性に根付いていて結局のところ女性だけが負担が大きくなっています。結局何が言いたいのかというと若い女性は「港区おじさん」のような男性と一時でいいので楽しい時間を過ごしたいと考えています。
想像上の「港区おじさん」は女性と美味しい食事と会話を楽しみプレゼントで女性を喜ばせるだけで満足し女性に手を出すような下心は持ち合わせていないようです。

でも現実的にはやはり経済的に余裕がある男性だって見返りなく女性を甘やかしてくれるのは難しいと言えます。なので下心つきの「港区おじさん」を探した方が話が早く出会いやすいと言えます。下心つきなら掲示板を利用すれば出会う事が出来るでしょう。

掲示板で経済的に余裕があり紳士的な男性を選ぶようにして下さい。
そして事前にデートもしたいという旨を相手に伝えておきましょう。
男性の中には仕事で時間に終われて、てっとり早くラブホでセックスだけをしたいと考えている男性も少なくありません。

なので経済的にも時間的にもそして精神的にも余裕がある大人の男性とセフレになる事をお勧めします。今更バブル時代を味わう事など不可能ですが「港区おじさん」みたいな人と出会えたら少しだけ贅沢な時間を楽しむ事が出来るでしょう。