童貞だったのでセフレ掲示板で練習させてもらおうとした結果…

32歳、数ヶ月前までは童貞でした。

30代になるまで童貞だったように、お世辞にも顔はいいと言えず、女性とのトークも苦手です。その代わり…になるかどうか分かりませんが、ペニスは大きめで性欲も強く、3回くらいなら連続で楽しめました。

そしてそんな私も「そろそろ婚活するかもだし、そうなるとセックスもするだろうから、練習したほうがいいよな…」と考えたのです。

ほかに心配すべきことはたくさんありますが、『30代なのに好きな相手にされるがままはダサすぎる』という、変なプライドがありまして…。

こうして私がセックスの練習相手を探したのが、セフレ掲示板でした。

モテない私でもセックスできる可能性があるのはここくらいのものでして、いろんなサイトでも『セフレが探せる掲示板なら不細工でもいける!』と書いていたのです。

で、私は正直に「童貞なので練習させてください。回数はたくさんできます」と書き込んだら、幸いなことにJ(仮名)という女性が話しかけてくれました。

Jは当時35歳と私よりも少し年上でして、この点も安心のポイントでしたね。

「その年齢で本当に童貞なんだ?私でもいい?」と聞いてきたから、間髪入れずにお願いしたところ、喜んで会ってくれました。Jは経験の少ない男の人も結構好きなようで、私の練習相手としてはこの上なく相応しかったのですね。

セフレ掲示板でJと写メを交換したら、意外と美人でびっくりしました。私みたいな男に声をかける美人なんて…と思っていたので、これはうれしい偶然ですね。

なお、Jも私の写メを見てバカにすることはなくて、普通に会ってくれたのです。

待ち合わせ場所で合流するとJは笑顔で手を握ってきて、「もうしたいみたいだし、行こっか?」と言ってくれて、すでにドキドキしていました。

余裕のある女性らしい態度は、私の股間にしっかりと期待を持たせたのです。

で、実際にラブホテルでセックスしたのですが…練習にはなったと思いますが、途中からJが夢中になってしまい、私はひたすら勃起を維持することになりました。

あんなに連続で出したのは、これが初めてですね…。

私の大きなペニスを見たJはごくりと喉を鳴らし、入れたときもすごくいい声を出します。

それでも最初はいろいろと指導してくれて、私からも動けるようになりました。

しかし、ここから「もう我慢できない!」とJが激しく腰を降り始めたのです。

セフレ掲示板でJを相手に練習してから自信も持てるようになった私ですが、実は今もJに誘われることがあり、会ったらやはり激しく腰を振られます。