セフレ募集している熟女と一夜を過ごしてみた

セフレ募集している熟女がいたので、今まで熟女と呼ばれるほどの年齢の女性と遊んだ事が無い僕は興味本位でその女性にアタックしてみた。すると、普通に熟女からアツいメッセージが頂けたので、僕は「コレはイケる。一度経験してみよう。」という事で彼女に猛アタックしてみた。

すると、以外にもすんなり待ち合わせが決まった。僕は車で迎えに行く約束をしたが、あまりにも話がうまく進むので恐る恐る熟女との待ち合わせ場所に向かった。待ち合わせ場所は僕の自宅から車で約20分くらいの所にある小さな駅の入り口。駅が小さいので出てきて待っていたらすぐにわかるので僕は万が一のために駅に隣接している駐車場に車を止めて、彼女が現れるのをベンチで待った。もちろんかなりブサイクな女性だったら会うのも車に乗せるのも勘弁なので、電車を待っている人を装って待った。

すると、電車が到着したのかたくさんの人が駅の改札をめがけて歩いてきて通り過ぎた。通り過ぎる人込みの中から女性をちらちら見ては僕は立ち止まらないかチェックをしていた。もし彼女が駅に到着しているのなら連絡先を交換していたので携帯に連絡があるはずだ。しかし連絡を取ってからではもう遅い。連絡して会おうものならもうデートせずにはいられないからだ。

そこで僕は駅に販売されている新聞を購入し、新聞を広げてその中に携帯電話を忍ばせてチェックしていた。すると、わりかし綺麗な女性が駅の外に一人だけいた。彼女だとうれしいと思い、電話を鳴らしてみる。

すると、その女性だった。僕は今までブスだったらどうしよう。という心配をしていただけでまさか美人な女性と会えるとも思いもしていなかったのでかなり緊張した。

しかし、そのまま帰すなんてもったいない事も出来ないのでその女性を車に乗せて僕は車を走らせた。それからしばらく走ると、気付けばラブホ街に来ていた。気付けばという表現が的確なのかどうかは別としてとにかくラブホに行こうという話になったのだ。

それから彼女と一夜を共にした。最高の夜だった。しかし、彼女とは今ではもう連絡が取れなくなってしまった。綺麗な女性に限って多いのが・・・男性とは一度しか寝ない。相手がたくさんいるから・・・である。

それならセフレ募集なんてサイトを利用してほしくなかった。僕が求めていたのはセフレなのに・・・